広告

2016年8月3日水曜日

木製名刺入れ作り方(山桜)1

切り倒された直径60㎝位の山桜を薪用に長さ40㎝に輪切りにして
割って一年ほど乾燥した状態。

山桜

更に乾燥1年

木目などが木工に使えそうな部位を製材して更に1年ほど保管します。
山桜の赤くなった心材を選びました。木目がきれいに出ています。

製材した山桜

木片を切り出す

【木製名刺入れ】を作成するために縦11㎝横8㎝厚さ1.5㎝を目安に
切り出して木片を作ります。
完成する【木製名刺入れ】より各寸法は多めになっております。
木目を合わせたりベルトサンダーで研磨したりして仕上げるためです。

調整した木片

材料を落ち着かせる

切り出した木片は、しっかり乾燥していても小さく切りだすとわずかに
ゆがんだり反ったりするので、数か月保管して置いてから
【木製名刺入れ】の作成に取り掛かります。

木片の保管

【木製名刺入れ】の制作工程

ようやく木製名刺入れの作成に取りかかれます。
作業については近日中にご報告いたします。