広告

2016年8月28日日曜日

栴檀(せんだん)杢のテーブル

3年前に樹齢約70年(直径80㎝位)栴檀をテーブルに加工するため。
正目の部分を切り出し割れ止めをして保管していたものです。

栴檀(せんだん)のテーブル栴檀(せんだん)のテーブル

杢(もく)天板

杢(もく)のある部分を選び天板に加工しました。
※杢とは、大きくなった古木の重さで捻じれや圧力が加わりできる
 独特の模様色んな種類がありますが、この栴檀の杢は縮杢と思われる。


栴檀(せんだん)の波杢栴檀(せんだん)の波杢

雇ざね継ぎ(やといざねつぎ)

(30㎝×30㎝)×4枚と(30㎝×15㎝)×4枚を用意して 雇ざね継ぎ で
接合する。
※雇ざね継ぎとは、2板の断面に溝を掘り溝につなぐ木片を接着して
 強固に接合する方法
2種類の板を接合して(30㎝×45㎝)を4枚作り。
同じく雇ざね継ぎで(30㎝×45㎝)を接合して60㎝×45㎝2枚を作る。
これを接合して90㎝×60㎝の一枚板にする。
隙間なく接合するために削る作業をしたので最終的には、
89.5㎝×58㎝になりました。

接合断面を隠すためとデザインを考えて、1.2㎝の板で回りを接合する。
接号部分のズレを少なくする意味もあります。


反り止めの鉄フレーム足の部分のカバー

天板の反り止め

天板裏側には、鉄のL字フレームを天板の反り止めのために
取り付ける。栴檀は乾燥しにくい樹木なので切り出してから3年目位では、
反り、歪みが出る可能性がある。
厚み5㎝ありますので、ズレ、狂いが出てくれば削って調整します。
本当の完成までには、数年待ちましょう。

リサイクル

テーブルに仕上げるために我が家にあったテーブルをリサイクル
利用しました。鉄製の足と天板取り付け部分だけを使用する。


四角に囲った柱

支える柱

足の部分は、同じ栴檀を薄く切り出して覆って作成。
支える円柱の部分は、四角形にして取り付けた。
同じ栴檀では、強度とバランスを考えるとこの方法が良いでしょう。
全て無垢の木で作りたいのですが今は無理です。今後の技術の
習得が必要でしょう。