広告

2016年10月30日日曜日

バンドソーブレードの銀ろう付

銀蝋継に必要な材料と部品接合工作台

銀ろう付に用意する道具類

左画像は、材料の銀ろう、フラックス(銀ろうの接着促進剤)、
溶接するバナー、クランプ、医療用のペアン(微細なものも掴める)
右画像は、スチールのアングルの一部分をカットして作った作業台

折れたブレードを固定する折れたブレードを削る

接号部分を合わせる

ある程度使用すると折れるブレードは、消耗品としては
高価なので少しでも長く使いたいですね。
そこで折れたブレードを接合する方法に挑戦します。
折れたブレードをグラインダーで斜めに削る。
両方を同じように削ってから接合部分がピッタリ
合わさるようにクランプで固定する。

接合部のフラックスを乾かす

銀ろうで接合

削った面を隙間なく合わせる。熱膨張した分を考え少しずらすと良い。
フラックスを塗りバナーで乾燥させる。フラックスは銀ろうが
金属と接合し易くするもの。
銀ろうを接号部分と同じぐらいの長さに切り接合部に乗せて
バーナーで加熱する。
赤く熱せられるて銀ろうが溶け接合部に入って行くのを
確認したら加熱を止める。
接合部のはみ出た銀ろうを研磨して完成です。

★その他にも下記のブログを書いていますので御覧下さい

薪ストーブを楽しむ
 薪集めやメンテナンスの方法自作の設置施工など紹介
              
半坪菜園
 自作の半坪畑を屋上に作り野菜などを農薬を使わず栽培

ハーブ・薬草とは
 ㈲百華茶苑の運営の為に栽培して撮影したハーブや薬草の記録

★管理運営しているサイト

ハーブティー健康茶専門店(百華茶苑)・・・ネット販売

ハーブティー薬草データベース・・・病状・症状で調べれるサイト     

2016年10月21日金曜日

木工微粉末の処理装置を作る

密封バケツと部材密封バケツに部材を取り付ける

密封できるバケツ

蓋に穴を開けて、雨トイ用の部材を取り付ける。
吸引するためには密封する必要があるので
部材の取り付け部分は、スポンジを挟み空気の侵入を防ぐ

ビニ管とゴミ処理かごビニ管とゴミ処理かごをつなぐ

シンクのごみ取り

キッチン用品売り場で見つけた物です。中をくり抜き缶と繫ぐ。
なるべく細かい泡にして微粉末を含む吸気から粉塵を除くため。
たくさん泡が発生して微粉末が水に溶け込んでいるようです。

各部品を組み立てる各部品を組み立てる

試行錯誤

湿式可能な掃除機ですがなるべく水は、吸い込まない様にするため
不要な植木鉢用の受け皿に穴を開けて上部に水が上がらない
ようにしたが、強い吸引力の為かなりの水が吸い込まれて
うまくいきませんでした。
失敗を繰り返した後、底を切り取り、バケツをつないで吸い込み口を
高くすることで水の吸い込みがほとんど抑えることができました。

配管を外に出す掃除機に連結する

組み立て

掃除機の音がうるさいので配管を壁からだして外に設置する。
以前に作っていたサイクロン装置と掃除機の間に取り付ける。
テストでは、満足する結果でした。
掃除機は、湿式用のフィルターに替えて吸引力が増したようです。
フィルターがスポンジなので負荷が減ったからか。
これから通常の使用で支障なく使えれば良いのですが
水の中を通すことで、吸引に負荷がかかっているので
今後の使用頻度により掃除機にかかる負荷に注意が
必要でしょう。

★その他にも下記のブログを書いていますので御覧下さい

年輪・木目と木工
  薪の中から選んだ樹木で【名刺入れ】【コースター】を作製

半坪菜園
 自作の半坪畑を屋上に作り野菜などを農薬を使わず栽培

ハーブ・薬草とは
 ㈲百華茶苑の運営の為に栽培して撮影したハーブや薬草の記録

★管理運営しているサイト

ハーブティー健康茶専門店(百華茶苑)・・・ネット販売

ハーブティー薬草データベース・・・病状・症状で調べれるサイト   

2016年10月12日水曜日

ベルトサンダー集塵装置の自作

ベルトサンダー集塵接続口ベルトサンダー吸入口

機能しない集塵

設置されている集塵口は、上部と側面を同時に集塵するように
なっているのですが大雑把な集塵しかせず粉塵が周りに
飛び散っていました。健康にも悪いので改造することにしました。


魔王の化粧箱魔王の化粧箱に接続器具

魔王の化粧箱

丁度大きさが良かったので魔王の化粧箱を使い作成する。
ジクソーで穴をあけ雨トイで使用する接合管を付ける。

切り取り接着する切り取り接着して加工する

改造

不要な部分を切り取りそれを接着して取り付ける。
作業の邪魔にならないよう45度に切り蓋をする。

取り付ける事故を防ぐ

設置

なるべく隙間をなくすために隙間テープで塞ぐ。
スポンジなのでベルトに巻き込まれても事故にはならない
作業面は、木材を使いベルトとの隙間をほとんどない
状態にする。

事故防止

以前に隙間がある状態で薄い板を研磨していて板が巻き込まれ時に
指も一緒に巻き込まれ大けがをする寸前でした。
その時は、幸いなことに、指先が少し削られて爪に血豆が出来た
程度で済みました。

直角

直角に研磨するために余っていたL字金具など使い調整して
取り付ける。
直角にする微調整は、ベルトサンダーだと失敗がなくやり易い。

※作品を下記の委託サイトで販売しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【木製名刺入れ】【木製ペンケース(筆入れ)】【コースター】を
販売しています。下記の委託サイトをご覧下さい。
  Creema   iichi   minne   tetote
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年10月2日日曜日

輪切りコースター(雪松)

2年乾燥した雪松の丸太2年乾燥した雪松の丸太

木製コースター作り

2年間乾燥して割れなかった丸太を使う。ほとんどの木が
乾燥中に割れ目が入りコースターにできません。
雪松(ヒマラヤ杉)は、他の樹木に比べ割れない様ですが
それでも割れずに残る丸太はほんの少しです。

2年乾燥した雪松の輪切り

輪切り

ハンドソーで直径は8~10㎝の丸太を厚さ約12㎜に
輪切りにする。
外皮を取らずに節などもそのまま輪切りにします。
厚さ12㎜にしてあるのは、2㎜程研磨するからです。

2年乾燥した雪松の輪切り塗装後乾燥中の雪松輪切り

研磨と塗装

12㎜輪切りをベルトサンダーで#80→#120→#240と
順番に研磨していく、その後手作業で#320→#600
→#1000で更に滑らかにする。
下地をここまで滑らかにした上で割れ止め塗料を塗る。
【木固めエース】食品に使用できる安全な塗料

雪松木製コースターの仕上げ雪松木製コースターの仕上げ

木製コースター仕上げ

塗料の乾燥後#600→#1000で仕上げの研磨をする。
最後に蜜蝋をすり込み、蜜蝋がしみ込なじんだら(約1日)
拭き取り仕上げる。

下記のサイトで販売しています。ご利用下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
木製の【名刺入れ】【ペンケース(筆入れ)】【コースター】の販売
下記の委託サイトをご覧下さい。
  Creema  minne   tetote
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━